現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 和歌山県森林による二酸化炭素の吸収等環境保全活動認証式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

和歌山県森林による二酸化炭素の吸収等環境保全活動認証式

平成20年3月24日 知事室

 どうも皆様、本日はお忙しいところお越しいただきましてありがとうございます。
 今回、皆様のご厚意に応えるために、(「企業の森」環境保全活動を認証する)ヒノキで作りましたちょっと立派な認証書を工夫させていただきました。私どもの気持ちを込めたつもりです。本日は、例えば労働組合、あるいはNPO、あるいは全協連など企業ではない方々もご参加いただいております。
 これから世の中は、たぶん遠くない将来において、CO2を吸収したらそれが取引できるようになるのではないかという気がいたします。労働組合が取引する必要はないのですが。それが故に余計に、このような活動に参加していただいたご厚意というものが素直に出てくるのではないかと思います。企業の方は決して取引のためにやっておられるわけではなくて、企業としての社会的貢献を果たしながらしっかり活動もしていただき、県内の雇用も守っていただきたいと思っております。
 和歌山県の取組は「企業の森」それから「CO2の認証」ということで、全国のモデルとなるようなものだと考えております。今後、皆様を含めていろんな方にご協力いただきながら和歌山県の森をみんなで守っていきたいと考えております。
 本日はどうもありがとうございました。

このページのトップに戻る