現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 県社会福祉協議会理事会

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

県社会福祉協議会理事会

平成20年3月24日 わかやまビッグ愛/和歌山市

 本日はお忙しい中、お集まりくださりありがとうございます。
 2月に理事の改選がありましたので、実質的に今回が新しい理事の皆様にご審議をいただく初めての会議です。特に学識経験者の理事さんは全員、今回新たに理事にご就任いただいた方々ですが、本県の福祉推進の中心的役割を担う和歌山県社会福祉協議会の運営、活動に忌憚のないご意見をお願いします。
 とは申しましても、理事会は年に数回しかございません。事務局としては、理事会の場だけではなく、理事の皆様に事業状況等を頻繁に報告し、意見を頂戴し、活動に活かす、そういうことを心がけて運営を進めてください。形式的にではなく、実質を重視して社会福祉協議会の運営を進めていきたいと考えております。
 本日は、平成20年度の事業計画と予算、向こう3年の活動計画等を提案しております。安全安心の生活を支えるため、権利擁護事業、福祉人材の確保対策、災害時の要援護者対策等に配慮した予算を組んでおります。詳細は事務局から説明申し上げます。理事の皆様、ご審議よろしくお願いします。

このページのトップに戻る