現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > JR藤並駅特急停車記念セレモニー

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

JR藤並駅特急停車記念セレモニー

平成20年3月15日 JR藤並駅/有田川町

 皆さん、おはようございます。
 本日は、この藤並駅の特急停車の式典挙行にあたりまして、本当におめでとうございます。
 本日は、二階(衆議院議員/自由民主党)総務会長はじめ、皆さんご来賓の方がたくさんお見えでございますけれども、ご指名でございますから一言ご挨拶を申し上げたいと思っております。
 私は、道路の時によく使っておりますけれども、道路はチャンスだと言っております。そう言う意味は、道路によって新しいチャンスが作られて、それで地元が発展することをいろいろ企画したり、それを実行したり、実現したりする芽が出てくる、こういうことではないかと考えております。
 同じことは鉄道にも言えます。私は、プライベートで、特に紀南地方へ遊びに行くときは、自動車はできるだけ乗らないようにしてと思っておりまして、できるだけ電車を使うようにしております。特急でまいりますと大変便利でございます。それがこの藤並駅に停まる、そうすれば、ここからずっと上流に伸びていく、この有田川の地もますますチャンスが増えてくるんじゃないかと思っております。先ほど、主催者のお二人からお話がありましたように、この有田川の地はたくさんの観光資源、それからたくさんの産物、そういうものに恵まれているところであると考えております。それを全国の多くの人たちに売り出せる、そういうチャンスがまさに今日できたというふうに考えております。
 ここまで持ってこられた町長さんをはじめ、地元の方々の喜びはひとしお、そのために大変な努力をされたと、この立派な駅舎をお造りになったりですね、立派な投資をされてここまで持ってこられたということを承知しております。
 二階先生はじめ、皆さんのご尽力もあったということもよく存じ上げております。
 それからJR西日本のご協力によってできたということも感謝を申し上げたいと思っております。
 住民の方々と一緒にですね、本日の竣工を心からお祝い申し上げたい、お喜び申し上げたいと考えております。ありがとうございました。

このページのトップに戻る