現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 和歌山県農林水産業賞表彰式

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

和歌山県農林水産業賞表彰式

平成19年12月4日 正庁

 和歌山県農林水産業賞を受賞されました皆様方、本当におめでとうございます。
 和歌山県の農林水産業をリードして下さった方々に本日の晴れの表彰式にお臨みいただいて、私どもとしても心からお祝い申し上げたいと思っております。また、本日は和歌山県議会から中村議長、山田委員長がお見えでございます。それからご列席の方々も本当にありがとうございます。
 和歌山県は、なんといっても農林水産業でかなりの部分を支えている、そういう県であると思っております。また、それに基づいて、あるいはそれを補完し合いながら地域づくりをしていかなければいけないところであるというふうにも思っております。農林水産業賞の特に農業部門を受賞された方々におかれましては、和歌山県の誇るさまざまな農産物を、たゆまぬ工夫と努力によって、これまでの成果を確立するような立派なものを作ってこられた、そういう方々だと認識しております。私は心からお礼を申し上げたいというふうに考えております。
 それから、林業部門を受賞された方々は、最近の経済変動、あるいは国際化の波を受けながら、和歌山県の林業を何とか守ってこられた、そういう方々だというふうに思っております。今後とも是非このご努力をお続けいただき、後継者も養成いただいて、私たちも頑張りますので、是非和歌山県の森林林業を再興させるように今後とも頑張っていただきたいと思います。
 また、水産業部門を受賞された方々、和歌山県の重要な産業である水産業。これも最近大変な、自然環境の変化も含めて、危機に立たされているわけですけれども、その中にあって、立派なリーダーとしてご活躍いただいて水産業を支えてくださった、そういう方々だと認識しております。
 また、地域づくり部門を受賞された方々においては、さまざまな試みをされて、一つひとつ申し上げませんけれども、それぞれの地域の農林水産業のそれぞれの要素と組み合わせながら、盛り立ててこられた方々だというふうに考えております。
 私はこのような方々の努力に和歌山県として応えなきゃいけないというふうに思っております。ざっと見たところですね、私たちは応えるすべがあるんじゃないかというふうにも思っております。なぜならば皆さんは、一生懸命努力されて、頭とそれから体と汗と涙と全部お使いになって立派なものを作るなり、あるいはお獲りになっておられる。そういう産物を、和歌山県としては是非全国にアピールをして、あるいは全世界にアピールをして、皆様方の収入ができるだけ多くなるように、それを売っていくという努力をしていかないといけないと思っております。
 また、地域づくりの皆様方のご努力に応えて、この努力の跡、あるいは地域の魅力を、全国の方々にお教えするということによって、その運動が一層の成功に導かれるように努力していかないといけないと思っております。
 時々トップセールスに参ります。その時に、大都会の消費者やあるいは市場関係の方々に、例えば、今回でいうとみかんであったんですが、このおいしいみかんはどうして作られたかというのを一生懸命説明しております。あの暑い今年の日照りの中で、皆さんが丹精を込めてお作りになったから、甘みも凝縮されて立派なみかんができたんだと、是非それを分かってくださいというようなことを併せて申し上げている次第であります。段々こうやって皆さんの努力を、我々も協力して全国に、あるいは全世界にアピールしていくことができれば、和歌山の農産物というのが、和歌山と聞いただけで買いたくなるような、そして皆さんの収入が少しでも上がるような、そういう環境作りをしていきたいと思っております。
 皆さんの努力に、これから県も全体として応えていかないといけない。そういうつもりで本日の表彰式に臨ませていただきました。
 本日はおめでとうございます。また、ありがとうございました。

このページのトップに戻る