現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 半島振興対策促進大会

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

半島振興対策促進大会

平成19年11月29日 全国町村会館/東京都

 半島振興対策促進大会の開催にあたりまして、大会を主催します3団体を代表してご挨拶を申し上げます。
 本日は、全国の半島地域からこのように大勢の皆様にご参集をいただき大会を開催できますこと、大変嬉しく心からお礼を申し上げたいと存じます。
 また、平井たくや国土交通副大臣並びに国会議員の皆様には、公務ご多忙な中にもかかわりませずご臨席を賜りましたこと、深く感謝を申し上げたいと存じます。
 さて、昭和60年に半島振興法が制定されて以来、半島地域を有する自治体は総合的な対策を国にすがりながら何とかやってきたということだろうと思います。
 お陰様で、色々顧みますと、道路とか空港とか産業とか、そういうふうにお造りいただいたのがたくさんあると思っております。
 ただ、ここへ来まして少子高齢化とか、それから地域間の税財収の偏在とか、そういう問題がまだまだ半島地域にたくさん降りかかってきてるというのもまた現状であろうかと思っております。従いまして、私どもは是非次のことをお願いしたいと思います。
 半島地域に住んでいるような地理的ハンディキャップを持っている地域の住民に対しても、やはり機会を与えてほしいというのが第一点でございます。私どもは半島地域の特性を活かして、観光とか、あるいは特有の農林水産業とかそういうものを発展させていきたいと思っております。それにつけても、例えばインフラの整備とか、そういう点で機会すらもつかめないような状況というのは、私どもとしては何とかしてほしいという気持ちでございます。例えば道路、近くまで高速道路が来ているか来ていないか、これは大きな差がございます。それから通信が整備されているかどうか、これも同じでございます。そういうような一つひとつのインフラについて、是非皆さんのご努力により何とか私どもにチャンスを与えるようにしていただきたいと思うのが第一点でございます。
 第二点は、私どももやはり日本人でございまして、安心・安全を保証されたいという気持ちがあります。特に医療でございますとか、あるいは、例えば様々な福祉、あるいは教育、そういう点で、私どもは困難を持っております。そういう点で是非国におきましてもご配慮いただいて、私どもの安心・安全な生活というものを助けていただきたいというふうに思っております。
 そういう二点が達成されましたら、私ども半島の住民においても是非一生懸命、自分でチャンスをつかむよう頑張って、それで皆様のご期待に応えて日本全体を盛り立てるように参加していきたいと、そんなふうに思っております。
 本日は国土交通省の平井副大臣をはじめ政府の方々、あるいは自由民主党の半島振興委員長の森先生はじめ、国会議員の多くの先生方に来ていただきました。
 それから地方議員の方々もたくさん参加していただいております。そういう方々に改めて感謝を申し上げながら、今後とも半島振興のためにご支援をお願いしたいと考えております。
 本日は、どうもありがとうございました。

このページのトップに戻る