現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 青少年健全育成強調月間県民大会

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

青少年健全育成強調月間県民大会

平成19年11月10日 ホテルシーモア/白浜町

 皆さんこんにちは。本日は、主催者の二団体、和歌山県と和歌山県青少年育成協会を代表いたしまして、皆様にご挨拶と日頃の感謝を申し上げたいと思っております。本日、青少年育成のために多大のご尽力をされました方々の表彰をさせていただきます。それから、そういう立派な先達に導かれて、若いけれども頑張っておられる方々を表彰させていただくわけで、応援をしていただいている皆様方に、深く感謝を申し上げたいと思っております。
 私は最近、あちこちに参りまして、青少年の方々を含め、いろんな活動をやっておられる人たちとお話しをする機会が増えてまいりました。和歌山県は、門先生(県議会議員)がそうでありましたように、青年団の活動が大変盛んなところで、青少年の育成活動のいわば先進県と言われたところであります。その伝統は脈々として、今日、表彰を申し上げるような方々の活動に引き継がれてるものだと思っております。また、今日、新島副議長、町田先生、玉置先生、県議の方々もお見えでございますが、それから、白浜町長の代理の方もいらっしゃってますが、こういう公共機関を挙げてですね、みんなで応援してきた賜ではないかというふうに思っております。
 そういう方々とお話しをしておりまして、私は三つ大事な要素があるのかなというふうに思います。第一は、若い方々が仲良く活動しているということであります。続いて、大人或いはおじさんおばさんとですね、一緒に活動している。で、そういう方々と、また仲良くしてですね、指導も受けながら、また、ややお年寄りの方々にですね、元気を与えているというようなことも二つ目の特徴かなと思います。そして、三つ目の特徴は、みんな、前向き、熱心、絶え間ざる努力ということではないかというふうに思います。本日、表彰をお受けになる若い方々も、そういう意味で三つの要素と指導者に恵まれ、皆さんが仲良くし、そして共通の目的のために一生懸命努力をするというようなことを具現化しているような方々ではないかと思っております。今後とも是非ご協力をお願いしたいと思いますし、皆さんのご活動を期待したいと思います。なぜならば、若者は国の宝であるとともに、和歌山県の本当の宝であります。この宝物の和歌山県の青少年を、みんなの力で立派な人たちになってもらい、そしてまた、その立派に成長した、今の青少年が次世代の青少年を、また育てていただくということを期待いたしまして、皆様のご協力に感謝を申し上げながら、私のご挨拶とさせていだだきます。どうもありがとうございました。

このページのトップに戻る