現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 御坊商工会議所創立50周年記念パーティー

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

御坊商工会議所創立50周年記念パーティー

平成19年11月9日 御坊商工会館

 皆様こんばんわ。50周年、誠におめでとうございます。先程、佐々さん(内閣総理大臣官房 内閣安全保障室初代室長)のお話をお伺いしておりましたけれども、4等国から1等国になって、1等国から4等国になって、4等国からまた1等国になったんだ。この50年前というのは、また1等国になるぞ、というふうに我々の先輩が青雲の志に燃えていた時代だろうと思います。みんなで力を合わせて、それでこの御坊の繁栄、それから和歌山の繁栄、そして日本の繁栄というのを達成された。偉大なことだと思っております。我々もまたその足跡をたどって、これからも、もっともっとこの御坊、和歌山、そして日本の繁栄を達成していかなければいけないと思っております。
 御坊は、たくさんのものすごく良いものがあります。向かうところ敵なしと言ってもいいと思います。例えば、日高港ができたり、高速が付いて、4車線にしないといけないですけど、それからエネルギーパークができた。また、吉田(御坊商工会議所)会頭がすごいご苦労をされてますけれども、ロボットコンテストをずっとこの御坊でやるんだ。これを私達もそういうふうにして行こうと思っております。それからその基になる和歌山高専は、ロボットで準優勝しただけではなくて、今度は建設工学で東京大学などを蹴散らして1位になりました。それだけ、いっぱいいろんなものがあります。
 それから、女性の方もいらっしゃいますけれども、この御坊は宮子姫、かみなが姫の伝説のある美人の里であります。さらに、先程からお聞きしておりましたら、歌まで上手い。それから偉大なる政治家はいらっしゃるし、立派な市長さんはいらっしゃるし、向かうところ敵なしという御坊が益々発展されまして、そして和歌山に力を与えていただきますようにお願いをいたしまして、私のご挨拶にかえさせていただきます。
 ありがとうございました。

このページのトップに戻る