現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 第2回和歌山県の未来を語る市町村長懇談会(紀中地域)

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

第2回和歌山県の未来を語る市町村長懇談会(紀中地域)

平成19年10月12日 日高総合庁舎/日高町

 本部長の仁坂でございます。和歌山の未来を規定していく長計でございますので、できるだけ皆さんの意見をしっかり入れたいと思います。それで前回、和歌山県を半分に分けて、紀北と紀南ということで、和歌山市でやらせていただきましたけれども、そのときはどちらかというと皆さんのアイデアを様々お借りさせていただいた。それで、私どもはそれを参考にさせていただきながら、骨子を作ったつもりなんです。けれども、それは「つもり」でありますし、骨子は最終アウトプットではありませんから、さらに今度は骨子を基にして、肉付けをしないといけない。肉付けをどういうふうにしていったらいいかということは、骨子があると議論しやすいと思うんですね。したがって骨子のこの点が欠けているというような議論もあってもいいと思うし、それから、もっとこの点のこういうことを強調してくれというような話があってもいいと思いますし、論点をフォーカスして、大いに議論をしていただいたらと思います。
 それで、今後どのように扱っていくかということは、後でまた詳しく事務局から説明があると思いますので、そのプロセスに載せていきたいと思っております。本日はどうぞよろしくお願い申し上げます。

このページのトップに戻る