現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 寄稿・提言・訓辞・挨拶集 > 第2回和歌山県の未来を語る市町村長懇談会(紀南地域)

メニューをとばす

寄稿・提言・訓辞・挨拶集

新聞・雑誌等への投稿や、各種行事での講演・挨拶、政府への政策提言等を通じて、知事の考え方や政策を紹介します。

第2回和歌山県の未来を語る市町村長懇談会(紀南地域)

平成19年10月11日 Big−U/田辺市

 本日はお忙しいところお集まりいただきましてありがとうございました。
 前回は、紀南と紀北に分けて和歌山市で1回目の議論をさせていただいたのですが、まだお聞きし足りないところがあるという感じが私はいたしました。それでその原因をつらつらと考えると、やはりどんな議論をしたら良いかということについて、議論の設定の仕方があまり上手でなかったと思いましたので、今日は少し趣向を変えまして、皆さんに意見を言っていただきやすいように骨子を提示してご議論いただこうと思いました。もちろん、この骨子で「こういうことを言うべきだ」、「この骨子はいけない」ということがあるわけですけど、別に骨子だけが全てではなくて、後でご説明するように、だんだんと話が進んでまいります。そのため、骨子のタイトルなどを見ていると焦点が合いますので、最終的にアウトプットの中にこういうことを是非盛り込むべきではないかということを、皆さんにご議論いただこうかと思いました。
 それから、いつも和歌山市ばかりではだめなので、今回は県庁一同揃って田辺まで来させていただきました。ちょっと遠い紀南の方もいらっしゃいますが、そこはどうかご勘弁いただくことにいたしまして、本日は、できるだけ実質的な議論をお聞かせいただきたいと思っております。また、今後これをどのようにさばいていくかについては、たぶん後で、事務局から説明があると思います。よろしくお願い申し上げます。

このページのトップに戻る