現在表示しているページ
ホーム > ようこそ知事室へ > 議会説明要旨 > 平成27年5月臨時会

メニューをとばす

議会説明要旨

県議会での知事説明要旨を紹介します。

平成27年5月臨時会

平成27年5月14日

仁坂知事あいさつ

 統一地方選挙後、初めての臨時会を招集いたしましたところ、お忙しい中御参集いただきまして厚くお礼申し上げます。開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 議員各位におかれましては、今回の県議会議員選挙におきまして、県民の信任を得て、見事、当選の栄誉に輝かれ、歴史と伝統を有する和歌山県議会の一員となられましたことを心からお慶び申し上げます。
 商工業の活性化、農林水産業の振興、福祉や教育の充実など、それぞれ県政にかける抱負や意気込みをお持ちのことと存じますけれども、「ふるさとのために頑張る」という思いは一つだと思います。私も思いは同じでございますので、皆様と心を一つにして、「元気な和歌山」づくりに邁進してまいりたいと考えております。

 私は、「元気な和歌山」創造に向け、引き続き、地震や津波など災害への備えや、少子高齢化・過疎化の進行といった本県が抱える課題の解決に努めるとともに、社会インフラをはじめ、経済を支える県内産業、魅力ある地域や人づくりなど、成長へと導くため様々な分野に投資することが肝要であると認識しております。
 しかし、こうした取り組みを着実に進め、本県を発展させるためには、日頃から県民の代表たる皆様と十分コミュニケーションを図りながら議論を重ね、「車の両輪」のように一体となって、県政を推進していくことが何よりも重要であると考えております。

 そうした中いよいよ、皆様とともに一生懸命取り組んでまいりました「紀の国わかやま国体・紀の国わかやま大会」も目前に迫ってまいりました。多くの方が、夢と感動を共有できるよう県民総参加で盛り上げ、国体での男女総合優勝の栄冠を目指すとともに、来県された方々に気持ちよく過ごしていただく「おもてなし」運動にも一層取り組んでまいりますので、皆様の更なる御支援、御協力をお願いいたします。

 紀州人は古より食や文化、産業など全国に誇れるものを先駆的に生み出すなど、進取の気質に富んでおり、工夫をこらし進化させることに秀でております。
 そういう「紀州人魂」を受け継いだ私たちが力を合わせ、和歌山の輝ける未来をともに切り拓いてまいりたいと考えておりますので、御指導、御鞭撻をお願い申し上げますとともに、最後に、皆様の今後益々の御健勝と御活躍を心から御祈念申し上げまして、開会に当たってのごあいさつといたします。

このページのトップに戻る